今さら聞けない3dプリンターと金属の関係

3dプリンターといえばプラスチックを使ったタイプが人気あります。低価格であり、個人での購入も多くなっています。しかも、精度がかなり高いことから企業でのプロトタイプ作成にも好評です。しかし、3dプリンターはプラスチックだけではありません。金属の粉を使って金属の成形も可能となっています。金属対応の3dプリンターは特許があったこともあって高額でしたが、2014年に特許が切れると一気に多数の3dプリンターが登場してきています。これらの金属対応の3dプリンターはレーザーを使うことで金属を溶かして精度良く作り上げていきます。3dプリンターでは材料を重ねて作るタイプが安く広まっていますが、レーザーを使って成形することでより精度の高い造形が可能となっています。

3dプリンターの金属への対応について

従来の3dプリンターは金属への対応はレーザーを使っていることもあって大型化することが多く、価格が大変高い物が多かったのですが、特許も切れて多数のメーカーが参入してきたこともあって小型化、高精細化、低価格化が進みました。プリンターによっては100万円を切るタイプも多数登場してきており、今後ますます下がると期待されています。また、利用できる金属も増えており、チタンなどの金属物質も使えますし、ナイロンも使えますので高精細な製品をいろいろな材料で作り上げられると期待されています。重ね合わせではないので一体成型ができるのも注目点です。3Dデータがあればどこでも工場で作った製品と変わらない精度と材質で作り上げられることは製造業において革新的な技術とも考えられています。

金属3dプリンターの今後について

3dプリンターはFDMや光造形などさまざまな手法が実現されてきています。価格も下がってきて導入事例も増えてくるといよいよ製品制作に利用するケースが多くなっています。特に金属を利用できる3dプリンターは重宝されてきており、プロトタイプだけではなく、実際の商品を作るのに利用されることが多くなっています。製品については工場でのロット注文とは違って1品から作成可能なことも利点です。データがあればカスタマイズも可能ですし、特にワンオフの製品づくりについてはコスト面で大きな進歩となっています。大量生産はコストが下がりますが、競争が激しくなります。一点ものをしっかりサポートし、カスタマイズにも柔軟に応じることで新たな顧客獲得につなげようと考える企業も多いです。

25年以上かけて培ってきたノウハウで皆様の事業をサポートいたします。 3Dプリンター販売・レンタル、試作はSOLIZE Products。25年以上のノウハウでサポート。 サイトでは社員のコラムも掲載しています。 100社160台以上の販売・導入・保守実績。日本唯一の3DSYSTEMSプラチナリセラーです。 日本唯一の3DSYSTEMSプラチナリセラー。 金属3dプリンターなら当社へ